今、時代はノンメタルへ




最近、難治性の皮膚炎や湿疹の原因として、歯科金属による金属アレルギーが取り上げられています。
金属アレルギーは歯科の金属の被せ物や詰め物から出る金属イオンが中長期間の間に人体に蓄積された結果、突然皮膚症状として現れる病気です。 治療法は、全ての歯科治療金属を除去してセラミックなどのノンメタルに作り替えます。
金属アレルギーを防ぐためにも、歯科治療の被せ物はノンメタルのものを使用するのが最近の流れです。

診療予約・ご相談はこちら