審美歯科Q&A

審美歯科全般について

銀歯は白くなりますか?

銀歯そのものを白くすることはできませんが、白く目立たない詰め物・被せ物に取り替えることはできます。

歯のクリーニングを受ければ、白くなりますか?

歯のクリーニング(PMTC)を受ければ、歯の表面の着色を取り除くことはできます。ただし、歯の内部の変色がある場合はクリーニングではきれいになりません。内部の変色を改善したい場合は、ホワイトニングやポーセレンベニアなどの施術を行う必要があります。
>>ホワイトニングの詳細はこちら
>>ポーセレンベニアの詳細はこちら

ホワイトニングとポーセレンベニアはどっちがいいですか?

それぞれで特徴が異なりますので、一概にどちらがいいと申し上げることはできません。患者さまの歯の状態やご要望に合わせて最適な方法をご提案させていただきます。

ホワイトニング

薬剤を使って歯そのものを白くする施術。歯の内部の着色を改善したい場合に有効です。歯の表面に薬剤を塗布して、そこに特殊な光を照射して歯を白くします(オフィスホワイトニング)。ご自宅で行うホームホワイトニングという方法もあります。

ポーセレンベニア

歯の表面を薄く削り、そこに板状のセラミックを貼り付ける施術。歯を削らなければならないのがデメリットですが、ホワイトニングのように色戻りすることがなく、歯の色や形を確実に改善できます。

セラミックは変色しませんか?

セラミックは吸水性がないため、変色は起こりません。いつまでもきれいな見た目を維持できる優れた素材です。

審美歯科はどのくらい通院すればいいんですか?

歯1本に被せるだけの治療であれば最短2回の通院で済みますが、口元を全体的にきれいにする場合は、ある程度の期間、継続的に通院していただく必要があります。治療する歯の本数や治療内容によって異なりますので、詳しくは診察させていただいてからのご案内になります。

審美歯科治療は痛くないですか?

痛みが出る処置の前には必ず麻酔をしますのでご安心ください。

口元を全体的にきれいにしたいのですが……。

歯の色や形、歯並びや歯ぐきの色などトータルで考えたうえで、ベストな治療法をご提案させていただきます。あらゆる審美歯科治療に対応していますので、お気軽にご相談ください。

ポーセレンベニアが剥がれることはありますか?

強固な接着剤を用いて歯に貼り付けますので、剥がれてしまうケースは極めて稀です。万が一、剥がれてしまった場合は再び貼り付けますのでご安心ください。

前歯のすき間は審美歯科で直せるのですか?

多くの場合、クラウンを被せる治療やポーセレンベニアという治療で改善できます。症状を診断したうえで、最適な方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

支払いにクレジットカードは使えますか?

当院では、各種クレジットカードでのお支払いに対応しています。また、ローン払いにも対応していますので、ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

ホワイトニングについて

ホワイトニングは痛みはありませんか?

人によっては、知覚過敏で歯が痛んだりしみたりする場合があります。ただし、ほとんどが一過性のものですぐに治まりますのでご安心ください。もし症状が続くようであれば、薬剤の濃度を薄くしたり、休みながら行ったりすることで対処します。

ホワイトニングは体に悪影響はありませんか?

薬剤そのものの安全性は公的機関で確認されており、人体に悪影響を及ぼすおそれはありません。ただし、薬剤の刺激により知覚過敏の症状が出ることがあります。

白くなるまでにどのくらいかかりますか?

もともとの歯の色などに個人差がありますので一概に申し上げることはできませんが、平均的にはオフィスホワイトニングの場合で2~3回、ホームホワイトニングの場合で2~4週間くらいです。結婚式や面接など、大切なイベントまでに歯を白くしたいという場合は、即効性のあるオフィスホワイトニングがおすすめです。

施術後、白さを維持するためにはどうしたらいいですか?

ホワイトニングをした後、何もしなければ歯は少しずつ元の色に戻っていってしまいます。効果を持続させるためには、定期的に(半年に1回程度)ホワイトニングを行うのがいいでしょう。また、コーヒー、カレー、赤ワインなどの着色性の強い飲食物やタバコを控えることで、白さが長持ちします。

診療予約・ご相談はこちら